04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

世界遺産「熊野三山」を巡る旅 Part5

2010年04月08日
大門坂を登り切りそこでおしまいと思いきや、なんのなんの、まだまだ階段が待っています^^;

1.階段途中にある郵便局の赤丸ポスト。集配の人は大変だぁ~。
100408-01-DSC_1490.jpg
Photo by masa

2.階段の途中で咲いている桜。
100408-02-DSC_1492.jpg
Photo by masa


3.ようやく鳥居が見えてきました。
100408-03-DSC_1496.jpg
Photo by masa


4.平安衣装を着て歩くお二人さん。皆さんの注目を浴びていました。
  この衣装、大門坂茶屋で借りることができます。
  でも、この衣装で登って降りるのは、けっこう大変そうです。
100408-04-DSC_0094-h.jpg
Photo by haru


5.平安衣装のお二人を見送り、階段を登っていきます。
100408-05-DSC_1497.jpg
Photo by masa


6.最後の階段を登る前に見た桜。
100408-06-DSC_0099-h.jpg
Photo by haru


7.階段を登り切ると、八咫烏(やたがらす)がお出迎えしてくれますよ^^
100408-07-DSC_1502.jpg
Photo by masa


於:和歌山県那智勝浦町

Memo
Nikon D40 /AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm F3.5-5.6G VR
       /AF-S DX Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G
Nikon D90 /AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR


お出かけ(和歌山) | コメント(24) | トラックバック(1)
コメント
平安衣装の貸出しがあるんですね。
京都の着物体験みたいです・・・。
自分も見つけたら撮るでしょうね・・・^^;

八咫烏はここにいたんですね。


平安装束は良いですね~
変身舞妓さんよりありがたい感じがします♪
ここ、大門から行くとかなりの登りなのですね。
那智大社、殆ど記憶なくなってます。ルートが違ったのかなぁ。
(わざと歩かれたのですよね。上にPがない?)
那智の滝、期待しとります(シツコク、スミマセン:笑)
こんばんは。

京都にも舞妓さんの衣装(化粧も)借りて散策出来ますがこちらでも平安衣装なんて借りられるのですね。
草履だからまだしもここではポックリだったら絶対コケまくりですね^^

で、那智の滝~!
こんばんは。
ご無沙汰しています。

6枚目の桜。
花びらの形がよく見る形と違いますね。
普通はタマゴのような形だと思うのですが、先が少し切り込みがあり、ちょっと驚きました。

光源の丸ボケ。
いつも思うのですが、masaさんは光の扱いがうまいですね。
平安衣装で大門坂から那智大社...
結構しんどいですぞ。

しかしながら、平安衣装のおねいさんに一票であります。
隠れコスプレファンやねん^^;
おはようさんです^^;

やっ、平安衣装っすかー、
くー、やるやる~、こういうの大好き♪
でも、誰にも見られたくない~。

うちらまだ20代やさかい、
こんな階段、へっちゃらや~
・・・ちょっと見栄はってみますた^^;
平安衣装、見ているのと着ているのとは・・
それはそれは、大変でしょうね。
鼻緒とか泣けそう~~^^;

↑20代のトリアーノさんが階段を駆け上がる姿・・見たいですね^^
↓スミレも健気で美しかったし
れんげは最近見てないですわ~
可愛い^^
来週は、また奈良へ・・
で、宇陀のあたりの桜を見てこようかな~と思ってます♪
熊野詣は
気軽に京都の街中を着物で歩くのと同じという訳にはいけませんねA^^;

確かになれない衣装でこの階段はつらそうですヾ(^^;)
平安衣装の貸し出しなんてあるんですね。
さすがは世界遺産!(笑)
見る側にとっても、面白いビジネスですね^^
そして八咫烏。これは知っていました。
で、次回はいよいよ那智の滝でしょうか?^^

おはようございます。
平安衣装、京都の舞妓さん衣装のようなものですね。
でも、階段の上り下りはたいへんだろうなぁ(笑)
6枚目の桜、きれいですね。
熊野と関係深い八咫烏、神話に出てくるヤツですね。
昔、絵本で見たような・・・(笑)
平安衣装の娘さんも
郵便の集配係の方も御苦労さまです。

八咫烏は脚に特徴があるのでしたっけ?
くちばしが丸みを帯びているし、
羽根の感じもスマートだし、
私の持っているカラスのイメージとは、
かなり違っているように思います。
nagomuyoshiさん
こんばんは^^

こんなところで衣装の貸し出し?と思いましたが、平安時代を思いながら
歩くのもいいかもです。
八咫烏さん、ここにもいてはりました^^
ぱたぽんさん
こんばんは^^

うん、確かに変身舞妓さんより落ち着いて見えました。
ぱたぽんさんもどうですか?^^

SR-T101さん
こんばんは^^

>ここ、大門から行くとかなりの登りなのですね。
高低差はけっこうあるように思います。
下の駐車場では高く見えた山も、境内からはその高さを感じなかったです。
滝の近くやバス停の近くだけでなく、青岸渡寺にも駐車場はありますよ。
それは知っていたんですが、大門坂を歩いてみたくなり徒歩で行きました^^
>那智の滝、期待しとります(シツコク、スミマセン:笑)
ようやくアップしました^^
シャパさん
こんばんは^^

熊野那智大社でも借りることができるようです。(宣伝ポスターがはってありました。)
>草履だからまだしもここではポックリだったら絶対コケまくりですね^^
大門坂の石段を歩くことを考えると、草履でもよく見て歩かないとコケると思います。
>で、那智の滝~!
ようやくアップしました^^
かずけんさん
こんばんは^^

>花びらの形がよく見る形と違いますね。
まったく気づきませんでした^^;
>いつも思うのですが、masaさんは光の扱いがうまいですね。
ありがとさんです。6枚目はママさん撮影ですな^^
ひらりんさん
こんばんは^^

>平安衣装で大門坂から那智大社...
衣装を着て上がられましたか?^^
>平安衣装のおねいさんに一票であります。
はい、私も一票なのであります^^

TB、ありがとさんです。

トリアーノさん
こんばんは^^

おぉ、隠れコスプレファンですか~。
トリアーノさん、ママさん、ベベリンの三人で平安衣装コスプレ、どうでっしゃろ?^^
>でも、誰にも見られたくない~。
ちゃんと見ときまんがなぁ~^^;
>うちらまだ20代やさかい、
いやいや、20代でも大変でっせー。
20代のσ(^^)が言うんやから、間違いないって(爆)

リズム*さん
こんばんは^^

石段、けっこう高さがあるから大変だと思いますよ~。
>↑20代のトリアーノさんが階段を駆け上がる姿・・見たいですね^^
うんうん、見たい見たい^^
都会に住んでいると、レンゲソウを見ることはあまりないですね。
>来週は、また奈良へ・・
まだまだ、大変そうですね。
宇陀の桜、一度見てみたいですね。
割と近いはずなんですけど、なかなか足が向きません。
Milkさん
こんばんは^^

やっぱ、平地を歩くようにはいかないんでしょうね。
普段着でも登るのはしんどいのに、慣れない衣装だと倍以上疲れそうです^^;

YKNDさん
こんばんは^^

平安衣装の貸し出しは事前に調べて知っていましたが、借りている人がいるとは思いませんでした^^;
借りる人は少ないかなぁと思っていたので、平安衣装の二人に遭遇した時は嬉しかったです。
那智の滝、ようやくアップしました。
lucky562さん
こんばんは^^

平安衣装ですが、ここで見ると妙にマッチしてました。
京都の舞妓さんのような華やかさはないんですが、よかったです。
階段の上り下りは、確かに大変だと思います。
6枚目、ありがとさんです^^
ちくりんさん
こんばんは^^

郵便の集配係の人も大変ですが、このポストに投函にくる人も大変ですよね~。
案外慣れてて平気かもですが。

八咫烏は足が三本あります。
写真に撮った八咫烏はスマートでした。
そのあたりは神の使いだからかなぁ~。


管理者のみに表示
トラックバック
「えっちらおっちら」している坂の途中に那智山郵便局があったのである。 赤丸ポストが、ちょうど般若心経を唱えているところであった。 観音様からの救いの光(ゴーストとも言う)が差してきたのである。 於:和歌山県那智勝浦町 R-D1s + Ultra Wide Heliar 12/5...