07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

世界遺産「熊野三山」を巡る旅 Part3

2010年03月29日
先日の週末は、土曜日は西国三十三箇所巡りで和歌山の紀三井寺と粉河寺へ。
熊野三山を巡った一週間前に、ちらほら咲きだった和歌山の桜もけっこう咲いていました。
日曜日は近所の桜の通り抜けへ。こちらは満開の木もあれば、ちらほら咲きの木もあり、
全体的には三部咲きぐらいかなぁという状況でした。
この時の写真は、またそのうちに^^

さて、熊野三山を巡る旅、熊野本宮大社をあとにして次は熊野速玉大社へ。
国道168号線をのんびり南下すること約30分、熊野速玉大社へ到着。
ここでは、写真を撮っていないので写真はありません。
熊野速玉大社の次は熊野那智大社ですが、その前に母の希望で神倉神社へ。
神倉神社は熊野三所大神が熊野で最初に降臨した聖地とされている神倉山にあり、538段
の石段を登っていきます。


車で熊野速玉大社から神倉神社の登り口まで。
そこで、両親とママさんを降ろします。
ん?私? 季節の変わり目でなぜか足が痛かったので、ここの登山はパスです。
そんなわけで熊野速玉大社の駐車場に戻ります。

1.神倉神社の登り口。鳥居の向こうにものすごく急な階段が見えます。
100329-01-DSC_9992.jpg


2.鳥居をくぐってすぐの所より。
100329-02-DSC_9986.jpg


3.2で二人並んでいる人がいるカーブの手前あたり。
100329-03-DSC_9981.jpg


4.3からすぐの右カーブを曲がったあたり。
100329-04-DSC_9979.jpg


5.上から見たらこんな感じ。2の左に写っている石垣が下の方にあります。
ちなみに写っているのは、父と母です。
100329-05-DSC_9976.jpg

ここまでの写真は登りながらではなく、下ってくるときに撮っています。
なので、撮った順番は5→4→3→2→1となります。


6.がんばって登ると桜が待っていました。
100329-06-DSC_9957.jpg


7.下を見ると新宮の町並みが広がり、その向こうに熊野灘が見えます。
100329-07-DSC_9962.jpg


8.階段の脇で咲いていた「スミレ」
100329-08-DSC_9987.jpg



今回はすべてママさん撮影です。


※写真をクリックすると、少し大きいサイズで見ることができます。

於:和歌山県新宮市

Memo
Nikon D40 /AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm F3.5-5.6G VR


お出かけ(和歌山) | コメント(18) | トラックバック(0)
コメント
こっちは一番(笑)
>538の石段・・・
えっえらい、と云おうと思ったのですが、車でお留守番だったのか。
538登れるなら、安土城趾の700段も登れますよ、と云おうと思ったのに・・・(爆)

冗談さておき、凄いところですが、景色もいいところですね。
ご両親もご健勝でなによりです!!
親孝行だなぁ。↓2周目、もうすぐ達成ですね。
さあ、書写山登って、琵琶湖の船に乗って、ラストはやはり谷汲さんですよね
足に不安があったら
登れないところですねA^^;
ご両親もお元気ですね!
見習わなくっちゃ!σ(^o^)
すごく急な階段とはきいたことありますが
これは大変そうですね・・
お父さま、お母さま、お元気で足が達者!!なんですね^^
桜もスミレもこんなところで見ると感慨深いですね♪
538段の石段.....私も1/3程度登れば倒れてます^^
普通の整備された階段と違って不規則な石段ならなおさらダメですね。

それにしてもご両親のタフなこと元気でいいですね^^

あっ、景色も最高です^^;
急な階段。
それも歩きにくそうな・・・。
でも登った甲斐があったようで、
景色はすばらしいですね。
体、動かさないとダメですね・・・^^;

お~、神倉神社に登られたのでありますか...
天晴れであります。
ここをお参りすると膝が笑うのであります。

参考:
http://4travel.jp/traveler/toyotoyo/album/10418720/
ま、ま、まじっすか、この階段!
おはようさんです^^;

うわー、なんちゅう階段!
神護寺もびっくりっす。
思わず後にひっくりかえりそうになりました。

スミレちゃんにほっこりや~^^;
この頃、テンション↓気味でROMばかりになっていまして、ご無沙汰してます^^
で、皆さんが書かれていますように、先ずは体力から…という感じですね。
そっちのほうも↓気味でして(笑)、お写真を拝見しているだけで息が上がってくるようです(笑)
でも、さすがに世界遺産の風景は素晴しいですね♪
おはようございます。
538段! すごい石段ですね。
ご両親がここを登られたんですか。
お元気で何よりです。
私なら足を痛めてなくても無条件にパスです(笑)
でも、しんどい思いをして登りきると桜に絶景というご褒美が待っているというわけですね。
SR-T101さん
鳥居の向こうは凄い石段ですが、登りきると景色がよかったです。
538の石段のうち、絶壁は最初だけです。(段数の約2/3くらい?)
そこをクリアすると、あとはラクラクでした!

四国の金比羅さんも、その先の奥社までの階段も制覇していますよ~。
(本宮までが785段。 さらにそこから奥社までが583段。 合計で1368段)
義両親も一緒に制覇! ほんとに、健勝でなによりです!!
そういえば、この時もmasaさんは、本宮まででリタイヤでした。
運転がんばってくれてるので、しかたないですネ。(^^)
Milkさん
ほんとに、足に不安があったら登れないところでしたわ~A^^;
義両親、健脚です。負けてはおれません。。。
機会があれば、一度行ってみてくださいね。
リズム*さん
この急な階段を途中まで登ったところで、怪我が心配でおりかけました。
でも、どうしても神倉神社に行きたい! という義両親の希望で
両手をついて這うようにして登りましたよ~。きっと見ものだったでしょう!
降りるのも大変! 上から見るとさらに怖かったです。
鳥居まで戻ったときには、怪我がなかったことに感謝!でした。
ここで初めて、鳥居の脇に杖があるのを発見してガックリ。

実は、週刊 古社名刹 巡拝の旅(集英社)を購読している義両親は、
002号 熊野古道 和歌山(熊野本宮大社 熊野速玉大社)で
「速玉大社に行ったら山の上の神倉神社に行くべし」と予習していたのです^^
 
>桜もスミレもこんなところで見ると感慨深いですね♪
スミレの花言葉は「温順・謙虚・慎み深さ・愛・純潔・誠実・つつましい幸福」
その通り、つつましく咲いていました。
シャパさん
整備されていない石段を目前にして(@@;)、やめようかとも
思いましたが、両手両足を使って登れば大丈夫でしたよ。^^
ここで苦労したおかげで、那智大社にたどりつく最後の300段ほどの
階段はとっても楽に登れました。
機会があれば、一度行ってみてくださいね。
nagomuyoshiさん
ほんとに、登った甲斐がありました(^^)
熊野灘も桜も景色はすばらしいかったです。
一度行ってみてくださいね。

>体、動かさないとダメですね・・・^^;
そうですね。いつもは運動不足です。
ひらりんさん
神倉神社、ひらりんさんも登ったのですね。
私は膝は笑いませんでしたけど。。。
義両親ともども、筋肉痛なしでした。
日ごろ運動不足のわりには優秀!! (自分で褒めるヤツ・・・)
tollianoさん
>ま、ま、まじっすか、この階段!
ハハハ、私も鳥居のところでそう思いました~。(^^;)
急な石段の途中で、冗談抜きで後ろにひっくりかえりそうになりました(@@)
さらに、下りの義父を見ていると、足を滑らせないかと心配で、ヒヤヒヤ・・・

機会があれば、ベベリンくん連れて、一度行ってみてくださいね。
どんな顔をするか見てみたい・・・!
ちなみに、急な石段以外にも坂道がありました。急な石段を登りきったところで発見!
(意味ないやん~! 下には何も表示がなかった・・・)
ちょっとけもの道みたいでしたけど^^

>スミレちゃんにほっこりや~^^;
健気に咲いている石段のスミレを見ると、ほっとしますね。
大阪は寒い日でしたが、南紀では春を感じた一日でした。
YKNDさん
たまには運動、いかがですか?
ここの階段、めっちゃ気合入りますヨ!

>さすがに世界遺産の風景は素晴しいですね♪
ほんとに、すばらしい景色でした。
熊野古道も、近くで見た那智の滝もすばらしかったです。
義両親が喜んでくれたのでよかったです。
YKNDさんも一度行ってみてくださいね。
lucky562さん
すごい石段にはびっくり(@@;)でしたが、なんとかなるもんですね。
そうそう、ご褒美目当てで行ったのです。。。それが良かったかな?

週刊 古社名刹 巡拝の旅(集英社)の 熊野古道 和歌山編で
予習していた義両親が、熊野灘まで見渡せると教えてくれました^^
masaさんは、最初に急な石段がそびえていて、その後はダラダラ坂なので、
無理なら引き返すこと! と教えてくれました。
事前の予習もよかったのかも・・・。

管理者のみに表示