FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

大阪湾の蜃気楼

2012年05月14日
前の記事で最初に行った神戸の長田港で見た蜃気楼。
対岸の大阪府高石市あたりにある石油タンクが見えていますが、上に伸びて見えます。
通常、これほど大きく見えることはありません。
120512-09-DSC_7641.jpg


写真の一部を等倍で切り出すとこんな感じ。
120512-11-DSC_7641.jpg


まさか大阪湾で見ることができるとは思いませんでした。
最初に見つけたのは息子でした。
「お父さん、蜃気楼出てるで。」
「ホンマか~?違うんとちゃうか~。」
「いつもはあんな風には見えへん。絶対蜃気楼や!」
ということで、とりあえず写真に撮って、背面の液晶ディスプレイでチェック。
よく見てみると蜃気楼のように思えますが、実際に見たことがないのでわかりません。
とりあえず数枚写真を撮って、家に帰ってからの宿題にしました。
家であれこれ調べてみると蜃気楼のようです。
それでも確証が持てないので、琵琶湖の蜃気楼を調べておられる滋賀県立高島高校の伴先生に写真を送って判定していただき、上位蜃気楼という回答をいただきました。
蜃気楼には上位蜃気楼と下位蜃気楼という二つの種類があって、今回のものは珍しい上位蜃気楼ということです。
写真には上位蜃気楼の典型的な像である板塀状蜃気楼(対岸の風景の伸びと反転像
が複合して水平一直線状になった像)が写っているということです。
蜃気楼について詳しいことは伴先生のホームページをご覧ください。
琵琶湖の蜃気楼情報(リンクのページにもあります。)

蜃気楼と言えば富山の魚津が思い浮かびますが、大阪湾でも見ることができるようです。
あまり気にして見ることがないので、見落とされているだけかも知れません。
もし、ひょっとしてというような光景を見ましたら、とりあえず写真を撮って撮影した場所と方向、撮影日時、レンズの焦点距離のデータを添えて、伴先生宛てにメールで送っていただけたらと思います。(わかる範囲でけっこうです。)
たくさんデータが集まれば解析精度も上がっていきますので、よろしくお願いします。

※写真をクリックすると、少し大きいサイズで見ることができます。
 (今回は少し大きめの写真をアップしています。)

Memo
Nikon D90 /AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR

お出かけ(兵庫) | コメント(20) | トラックバック(0)
 | HOME |