05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

KTSの雲台

2011年09月28日
今回はこのブログでは珍しく機材の話です。
使っていた雲台がどうも使いにくいなぁと以前から思っていたので、買い換えてみました。
ネットなどでいろいろ調べて選んだのはKTSというメーカーのPRO50です。
スリックなどの国内三脚メーカーの雲台を作っている会社です。
雲台の色もいろいろとあり「黒は無難かなぁ~、でもなぁ~」と悩みつつ、結局シャンパンに
しました。
本当はPRO50より少し小さいPRO40にしようと思ったのですが、ついつい色で選んでしまい
ました^^;
大は小を兼ねるからまぁいいかと・・・・。

注文メールを入れると「調整、磨きをして三日ほどで発送します。」とメールがありました。
で、届きました^^
110928-01-DSC_2364.jpg


>>続きを読む・・・
撮影機材 | トラックバック(0)

どっちがどっち?

2008年04月14日

同じようなアングルで撮った2組の写真。
一方はミノルタの50mmマクロで、もう一方はニコンの60mmマクロで撮りました。
どっちがどのレンズで撮ったか、わかりますか?
ちなみにRAWで撮って、SILKYPIXで現像しています。

1.
Photo by haru


2.
Photo by haru


3.
Photo by haru


4.
Photo by haru


ここまでは比較用なので、フレームは無しとなっております。
(クリックすると少し大きい写真で見ることができます。)

>>続きを読む・・・
撮影機材 | コメント(36) | トラックバック(0)

コダクローム

2007年12月20日

2007年12月20日。この日をもってコダクロームの国内現像は終了しました。
以降はアメリカ・カンザス州にある現像所での現像になります。

というわけで、最後のコダクロームです。
今までにアップした写真もありますけど、何枚か並べたいと思います。
フレームはトリアーノさんに作っていただきました。
トリアーノさん、おおきに^^
最初にコダクロームを使った時(20年ぐらい前)にマウント仕上げで現像に出すと、
このような感じの紙マウントでマウントされてあがってきました。
本物は「Masachrome」の部分が「Kodachrome」で、ブログ名・ブログアドレスの
部分は空白です。


α-9 with Carl Zeiss Jena Sonnar 135mmF3.5 KR(Kodachrome)



>>続きを読む・・・
撮影機材 | コメント(42) | トラックバック(0)

uso1600?^^;

2007年11月25日

少し前にどこかのサイトで、ISO1600のフィルムをISO400として撮ると粒状性が向上した
というようなことが書かれていました。
ISO1600をISO400として撮るわけですから、常に+2の露出補正をしたまま撮っているこ
とになります。カラー現像をするモノクロフィルムのイルフォードXP2もISO400ですが、
ISO100~200あたりで撮ると、粒状性が良くなるという話も以前聞いたことがあります。
そんなわけで、手元にフジカラーNATURA1600があったので、さっそくマネっこ開始です^^


F100 with Ai AF Zoom Nikkor 35-70mmF3.3-4.5S フジカラー NATURA 1600

>>続きを読む・・・
撮影機材 | コメント(36) | トラックバック(0)

EOSでSTF

2007年08月16日

マサリーノ東海(命名:トリアーノさん)の「ちょっとお出かけ 醒ヶ井・米原の巻」は、
今回はお休みです。

シャパさんが考えられ、試作されたα→EOSマウントアダプター。
私もマネっこしてみました^^
ケンコーのエクステンション・チューブを使って作っています。

本来、フルサイズデジタル一眼レフカメラのEOS 5DでSTFを使うためのもので、フィルム
一眼レフカメラでSTFを使うならα-9があるので、作っても仕方ないのかな?なんですが、
来るべき日?のために、ちょっと作ってみました。


αレンズ側

αレンズの絞りを開放位置で固定するためのレバーはそのまま流用しています。
最初はEOSマウント側の凹みを使ってこのレバーを固定しようと思いましたが、そうする
とαレンズが180度逆さに付くので、違う方法で固定しました。


>>続きを読む・・・
撮影機材 | コメント(32) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »